添加物に注意

おむつ

赤ちゃんの肌を守るために

赤ちゃんの下の世話には、紙おむつとおしりふきが定番となっています。現在でも布おむつなどを使う人はいますが、その手間から主流派とはいえなくなっています。おむつは使い捨てるものになった昨今にマッチする形で登場したのがおしりふきというウエットシートです。おしりふきはその名の通り、おしりを拭くためのものです。ですが拭く前のシートには何ら菌などはついていないため、手や口を拭いたり、机やおもちゃを拭いたりする人も多いです。主にうんちをしたときに使いますが、女の子の赤ちゃんの場合はおしっこの後に使うこともあります。おしりふきは赤ちゃんのデリケートなところに使うものなので、なるべく添加物が含まれていないものを選ぶのが基本です。大人向けのものなどで代用しようとすると、アルコールや香料などでおしりがかぶれてしまうことも多いので、基本的には赤ちゃん向けのものを選びましょう。添加物が極力少ないもの、水がほとんどのものが人気です。厚手のものや薄手のもの、シート同士が離れやすいかどうかなどいくつかバリエーションはあるので、自分と赤ちゃんにとって快適なものを模索してみるとよいでしょう。厚手のものは割高に見えても使う枚数が少ないので結果的に安上がりになることもあります。ただどうしてもたくさん使ってしまう人は枚数の多いものの方がよいでしょう。また使いかけのおしりふきは乾燥しやすいので、ふたなどが一緒に売られていることも多いです。ふたをつけておくと乾燥が防げるのでおすすめです。