成長に合わせて選ぼう

お尻

水分量や素材の違いがある

おしりふきは赤ちゃんの肌を清潔に保つためには欠かせないアイテムです。各メーカーからさまざまなタイプのおしりふきが販売されており、赤ちゃんの成長や肌質に合わせて選ぶのがおすすめです。一般的なおしりふきはウェットタイプで、含まれる水分量や厚さにも違いがあります。新生児の頃は水分量を多く含むタイプの方が、肌を傷つけることなくしっかり汚れを拭き取ることができます。厚手のタイプは手を汚さずに一度で汚れを拭き取ることができますが、薄手タイプよりも価格は高めになっています。また、ウェットタイプはトイレにそのまま流せるタイプと流せないタイプに分けられます。トイレに流せるタイプはトイレトレーニングを始める頃に活躍します。乾いているトイレットペーパーよりも拭き取りやすく、そのままトイレに流せるのでゴミも増えずに衛生的です。ウェットシートタイプのおしりふきは、お出かけ用の携帯できるコンパクトなタイプもあるので、手軽に使える点が魅力となっています。肌の弱い赤ちゃんには霧吹きで洗浄するタイプのおしりふきがおすすめです。コンセント式の洗浄器になっており、温水スプレーでおしりを洗うことができます。肌の弱い赤ちゃんはおしりふきシートで肌をこすることで、おむつかぶれを発症します。洗浄器タイプは肌をこすらなくても汚れを落とせるので、おむつかぶれの症状を改善することができます。綿100%のコットンタイプのおしりふきも販売されています。ぬるま湯に浸して使用するおしりふきで、無添加なのでおしりだけでなく全身に使用することができます。