ママと赤ちゃん

低刺激でお肌に優しい素材

赤ちゃんは一日に大量のおむつを使用するため、おしりふきは欠かせない必需品になっています。大人に比べるとお肌が弱くデリケートなので、低刺激でお肌に負担の少ない商品がお勧めです。水分を含んでいる商品は、ゆるいうんちもきれいに拭くことができます。

おむつ

添加物に注意

おしりふきは赤ちゃんのおしりを拭くためのもので、主にうんちのときに使われます。基本的には使い捨てです。赤ちゃんのおしりはデリケートなので、添加物が少ないものを選びましょう。厚手か薄手かなどバリエーションがあるので自分に向いているものを選びましょう。

お尻

成長に合わせて選ぼう

ウェットタイプのおしりふきは含まれる水分量や厚さに違いがあり、赤ちゃんの成長に合わせて選ぶのがおすすめです。トイレトレーニングの頃はトイレに流せるタイプのものが便利に使えます。肌の弱い赤ちゃんには、温水スプレータイプやコットンタイプのおしりふきを活用することで、おむつかぶれ対策になります。

赤ちゃん

携帯できるタイプが便利

赤ちゃんのおむつ替えで使用するおしりふきは、品質が良く、携帯できるタイプがとても便利です。出先でも片手で取り出せるようなワンタッチ形式のものを利用しましょう。また、かぶれてしまう場合には肌に合っていないので、使うのは避けましょう。

赤ちゃん用品

使用されている成分に注意

おしりふきは育児をする上でなくてはならないものです。赤ちゃんにはお肌に優しいものを選ぶようにしましょう。パラベンという防腐剤でお肌が荒れることもあるので、パラベンフリーのものを選ぶと安心です。また少し厚めで使いやすいもの、価格の安いものというもの大切なポイントです。

お得に購入しよう

赤ちゃん用品

赤ちゃんの肌に合わせて選ぶ

赤ちゃん用品の消耗品としてあるのが、おしりふきである。赤ちゃんでは、オムツを替える際、衛生を保つためおしりふきでふき取ることが必要である。おしりふきを選ぶ際には、選び方にポイントとなることがある。最も大きなポイントとしては、含まれる成分である。赤ちゃんの肌はデリケート出るため、おしりふきに添加物などが多く含まれていると、肌荒れなどトラブルになるケースが多い。その為、これらを防ぐためにもできる限り添加物を含んでいないおしりふきを選ぶことが必要になる。また、おしりふきの種類により赤ちゃんに合うものと合わないものがある。合わないものを使用した場合にも、肌荒れなどの問題につながるケースがある。その為、おしりふきを選ぶ場合には、少量を購入し使用してみて問題ないかを確認した上での購入がポイントになる。赤ちゃん向けのおしりふきでは、100枚程度入ったものでも、100円程度で販売されていることが相場となっている。また、まとめて箱入りで購入することなどでさらに価格を抑えることもできる。オムツが取れるまではおしりふきは欠かすことができないため、箱入りでまとめて購入することが効果的である。また、おしりふきでは比較的長期間置いても乾燥することなく使用できる。その点においてもまとめ買いが良い。箱での購入においては、インターネットでのネット通販を活用すると持ち運びなどを考慮せず購入することができ、特に利便性が高くなっている。

RECOMMEND POST

ママと赤ちゃん

低刺激でお肌に優しい素材

赤ちゃんは一日に大量のおむつを使用するため、おしりふきは欠かせない必需品になっています。大人に比べるとお肌が弱くデリケートなので、低刺激でお肌に負担の少ない商品がお勧めです。水分を含んでいる商品は、ゆるいうんちもきれいに拭くことができます。

おむつ

添加物に注意

おしりふきは赤ちゃんのおしりを拭くためのもので、主にうんちのときに使われます。基本的には使い捨てです。赤ちゃんのおしりはデリケートなので、添加物が少ないものを選びましょう。厚手か薄手かなどバリエーションがあるので自分に向いているものを選びましょう。

お尻

成長に合わせて選ぼう

ウェットタイプのおしりふきは含まれる水分量や厚さに違いがあり、赤ちゃんの成長に合わせて選ぶのがおすすめです。トイレトレーニングの頃はトイレに流せるタイプのものが便利に使えます。肌の弱い赤ちゃんには、温水スプレータイプやコットンタイプのおしりふきを活用することで、おむつかぶれ対策になります。

赤ちゃん

携帯できるタイプが便利

赤ちゃんのおむつ替えで使用するおしりふきは、品質が良く、携帯できるタイプがとても便利です。出先でも片手で取り出せるようなワンタッチ形式のものを利用しましょう。また、かぶれてしまう場合には肌に合っていないので、使うのは避けましょう。

赤ちゃん用品

使用されている成分に注意

おしりふきは育児をする上でなくてはならないものです。赤ちゃんにはお肌に優しいものを選ぶようにしましょう。パラベンという防腐剤でお肌が荒れることもあるので、パラベンフリーのものを選ぶと安心です。また少し厚めで使いやすいもの、価格の安いものというもの大切なポイントです。